初代モデルの登場

iPhoneの初代モデルの発売が発表されたのは、2007年1月9日になります。すでにipadが市場を席捲していたこともあり、このセンセーショナルなニュースは、ガジェット好きなギークの方以外にも大きな話題となりました。実際に初代のiPhoneが登場したのは、それから半年後の2007年6月29日になります。

この初代iPhoneが発売された時は、次のモデルとなるiPhone 3Gが発売された時のような盛り上がりはなく、それほど話題になりませんでした。といいますのもこの初代iPhoneは、日本では発売されることがなかった幻のスマートフォンだからです。当時の電波の規格が日本とは合わなかったために、使用することができず、アメリカをはじめイギリス、フランス、アイルランド、ドイツ、オーストリアなど限られた国でのみの販売でした。

アメリカでは発売日に多くの方が列をなし、1000人以上の長い行列が出来上がりました。アメリカでは、ゲーム機の発売日に同じく行列ができた時に色々なトラブルが起こったこともあり、iPhoneの発売日には、非番の警察官を配置するなど、厳戒態勢での発売となりました。日本では、テレビのニュースなどではあまりみかけませんでしたが、インターネットを介してその情報が発信され話題となりました。


【当サイト関連リンクの紹介】
初代iPhoneは、最新モデルに比べると画面などもかなり小さく感じるでしょう。画面サイズが大きいと見やすい反面、落とした時に割ってしまったという人も多いと思いますので、そのようなときはiPhoneの修理店にお願いすればすぐに直してくれます ≫ iPhone修理ならiCracked